Image Display
任意の観測日のデータについて、任意の範囲でカラー画像化する処理です。 物理量は添付のカラーバーのように色の違いで表します。 画像の白い部分は陸地もしくは雲と考えられます。 ユーザは以下のオプションを指定することが出来ます。
  • 観測日
  • 緯度方向の表示範囲
  • 経度方向の表示範囲